プロ野球阪神は29日、1軍のチームスタッフ1人が新型コロナウイルス感染を調べる検査を受け、新たに陽性判定が検出されたと発表した。浜地真澄投手(22)の感染が判明して以降、チーム内での陽性は5選手を含む計8人となった。

 球団によるとスタッフは27日まで東京・神宮球場で行われたヤクルト戦に同行し、28日は兵庫県西宮市の甲子園球場での投手練習に参加した。29日朝に発熱や喉の軽い違和感、関節痛の症状があり、同市内の病院で受けた検査で判明した。現在は自宅待機している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加