放送大学佐賀学習センターの滝澤登所長(左)から学位記を受け取る卒業生=佐賀市の同センター

放送大学佐賀学習センター教養学部の卒業生=佐賀市の同センター

 通信制大学「放送大学」の佐賀学習センター(佐賀市)で27日、本年度1学期の学位記授与式が行われた。県内外の20~70代の17人がさまざまな分野の専門知識を深め、さらなる学びに向けて気持ちを高めた。

 式典で滝澤登所長は卒業生に卒業証書の学位記を手渡し、「皆さんはより広い学びの出発点に立たれた」とこれからの活躍に期待した。

 卒業した細竹しほりさん(25)=鹿島市=は、佐賀市の日本語学校に勤務しながら、大学で文化や心理学などを学んだ。「社会経験を生かしながら学べる仕組みで入学を決めた。今後、日本語教師を目指す」と意気込んだ。

 卒業生は、科目ごとに必要な単位を含め所定の124単位以上を修得した。放送大学同センターの卒業・修了者は、1998年の開設以降、9月末までで735人になった。授与式の後、10月から始まる2学期の入学生向けのオリエンテーションも行った。(松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加