賀銀行が新店舗の建設を計画している有田町役場東出張所の跡地=西松浦郡有田町岩谷川内

 佐賀銀行は28日、西松浦郡有田町にある有田支店、有田駅前支店、同西有田出張所の3拠点を2021年秋ごろに統合すると発表した。新店舗を有田町役場東出張所の敷地の一部に建設し、同出張所も入居する。銀行機能と町の行政サービスがワンストップで利用できる環境を整える。

 新店舗には、来年大規模な更新を予定する窓口受け付けシステムを導入し、タブレット端末によるサービス提供の円滑化を図る。顧客からの相談やコンサルティングに対応する区画も設け、事務中心の店舗から顧客の課題解決を支援する店舗への転換を進める。外観も有田の街並みに合わせたものにする。

 既存店舗の跡地活用について坂井秀明頭取は「有田支店は陶山神社そばにあり、町によるまちづくりへの活用が今後検討される」と述べた。新店舗から距離がある西有田出張所には現金自動預払機(ATM)の配置を検討しているという。

 この日は来年3月に佐賀市の呉服町支店を本店営業部に、2月に福岡市の渡辺通支店を福岡支店にそれぞれ統合することも発表した。複数の支店・出張所が一つの店に入る「ブランチインブランチ」の方式で、通帳やカード、証書の番号変更は必要ない。統合後の来秋以降は4拠点が減り、76拠点(64支店、12出張所)となる。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加