家内安全を祈願 130年以上続く民俗芸能

つけ鼓を打つ男子ら。メンバーは毎年変わる

 大和町の池上地区で130年以上続く浮立。起源は不明で、水害よけのために始まったとされています。2010年、伝統芸能を守るために浮立運営委員会が発足しました。家内安全や五穀豊穣を祈願し、毎年10月第2土曜日に、池上神社など地域の寺社4カ所に奉納(今年は中止)。地域住民約80人が、笛や太鼓、鉦を鳴らし、踊りながら地区内を練り歩きます。

DATA 

[住]佐賀市大和町池上2116(池上神社)
   佐賀市大和町池上2075(地福寺)
   佐賀市大和町池上(四天社、導善寺古墳)
[☎]090-8403-1577(池上自治会長 高岸)

小中学生女子が竹筒を持って踊る「あや竹」の様子
 

 

 

 

 

 

 

大和西部販売店 池町博文さん

 

「池上地区に伝わる伝統的な浮立の一つです! 「平野浮立」や「大願寺浮立」もぜひ見てみてくださいね」
【販売店DATA】
[住]佐賀市大和町久留間1197
[☎]0952-62-1040

このエントリーをはてなブックマークに追加