日本民藝夏期学校(日本民藝協会主催)が11日、唐津市内で始まった。大量生産の工業製品が出回る時代に、職人の手仕事によって生み出された工芸品が持つ「暮らしの中の美」の素晴らしさを再認識しようという催し。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加