レオパレス21本社=2019年、東京都中野区

 賃貸アパート大手のレオパレス21は28日、6月末時点で118億円の債務超過に転落したもようだと発表した。30日発表予定の2020年4~6月期連結決算で正式に公表する。「早期の債務超過解消に向けて鋭意検討を進めている」とコメントした。

 20年4~6月期の純損益は142億円の赤字と発表する見通しも明らかにした。アパートの施工不良問題により主力の賃貸事業の入居率は低下を続け、5月以降は損益分岐点とされる8割を下回っている。不採算事業の縮小やコスト削減を進めたが埋め合わせができなかった。

 レオパレスは、20年3月期連結決算まで2年連続の巨額赤字を計上した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加