口の健康を保つことが、感染リスク抑制につながる

 新型コロナウイルス感染症の収束の兆しが依然として見えない中、持病があるにもかかわらず「外出して感染するのが不安」と、通院を控える人もいるようです。しかし、それはかえって体調の悪化につながりかねません。過剰に恐れることなく、「新しい生活様式」のもと適正な受診を心がけましょう。予防の方法や医療機関の体制などについて、県歯科医師会の門司達也会長に聞きました。

 

必要な治療を控えず、かかりつけ歯科医に安心して相談を

■歯の治療を受けることで感染は起こらない

 県内の歯科医院では、患者さんから「この時期、受診のために外出して、感染しないか心配」という不安の声が少なからずあるようです。また、新型コロナウイルス感染症の第1波がきた春先は、一時的に受診者の数が減少したことも分かりました。当時としては未知のウイルスへの恐怖や外出への不安から、受診をためらう人が多かったのかもしれません。
 しかし、国内では歯科医療において患者さんが罹患した事例はありません。私たちは常日ごろから、唾液や血液の飛沫による肝炎やエイズなどのウイルス感染に細心の注意を払い、対策を徹底してきたからです。

■感染しない・させない対策を万全に

新型コロナの感染防止対策をしている歯科医院には「みんなで安心マーク」のポスターが掲示されている

 すべての医療・ケアの機関には「標準予防策(スタンダード・プリコーション)」と呼ばれる感染症対策があります。「すべての人たちの血液、体液、汗以外の分泌物、排せつ物、傷のある皮膚、粘膜には感染性がある」という原則に基づき、手指衛生はもちろん、マスクやゴーグル、フェースシールド、手袋などの着用や、治療器具の洗浄・消毒・滅菌などを徹底。万全の衛生管理により、すべての感染リスクに備えているのです。
 さらに新型コロナに対しては、受診者の検温や、味覚・嗅覚異常の有無などの事前確認を行います。待合室や診療室では、消毒と十分な換気を行い、受診者の混雑を防ぐため、予約の調整や、動線を分けるなど、3密を避ける環境づくりを実施しています。飛沫が発生する治療器具の使用は必要最小限に抑え、飛沫・微粒子などを吸引する機器(バキューム)を併用する歯科医院もあります。

■受診控えが招く健康リスク

 新型コロナの感染状況によっては、緊急性が低い治療の延期を検討する必要もあるでしょう。しかし、激しい歯の痛みや歯茎の腫れといった急性の症状は、放置すれば悪化して体調を損なうことになりかねません。また、歯周病の定期健診や訪問診療の延期は、歯以外の健康にも悪影響を及ぼす可能性もあります。
 特に高齢者は、口腔衛生状態の劣化や入れ歯の不具合などにより食事の取り方が悪くなると、十分な栄養が取れず体が虚弱となり、誤嚥性肺炎などのリスクも高くなります。
 近年の研究では、口の健康を維持管理することで、インフルエンザなどの感染症や、循環器系の病気(動脈硬化や不整脈など)、糖尿病といった全身疾患の重症化を防ぐことが分かってきました。
 私たち歯科医師とスタッフは、患者さん一人一人の声に耳を傾け、状況に応じてどのようなケアが最適なのかを常に考えながら診療に当たっています。受診については自己判断はせず、かかりつけ歯科医とよく相談して、お口と体の健康づくりを図りましょう。

■冬になる前の受診がおすすめ

 これから冬が到来して寒さが増し、空気が乾燥してくると、風邪やインフルエンザが流行りだします。口の中を清潔に保てば、お口の中で細菌が繁殖しにくくなり、感染予防に効果的です。特に、前回の受診から半年以上経っている人は、秋のうちにお口の中のクリーニングをしておきましょう。
 私たちも一層、感染予防に懸命に取り組み、安心・安全な歯科医療の提供に努めていきます。ぜひ安心して受診してください。
 

 

 

 

佐賀県歯科医師会 会長
門司達也氏

もんじ・たつや 1964年、鳥栖市生まれ。松本歯科大学卒。佐賀大学医学部歯科口腔外科を経て2013年、医療法人健栄会門司歯科医院理事長、19年、佐賀県歯科医師会会長に就任。

このエントリーをはてなブックマークに追加