第七章 素志貫徹(三十八) 大隈と共に下野した立憲改進党の幹部たちの懐も寂しくなってきていた。野党というのは、党員の献金や寸志以外に収入がなく、それが途絶えがちになると、途端に生活が厳しくなる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加