口の衰えを感じたら「口腔機能低下症」かも

お口の機能検査と定期ケアで「健康寿命」を延ばそう

 「むせる」「食べこぼす」「食欲がない」「言葉が出にくい」「口が臭う」「噛むのがつらい」…最近、こんな症状はありませんか? それはもしかしたら、口の中の老化現象かもしれません。自分の歯で噛んで食べる毎日のおいしい食事は、百寿社会を生き抜く力になります。口の機能低下をいち早く察知して、健康を保つ方法を、森永歯科クリニックの森永大作先生に聞きました。

健康寿命を支える口の健康

 超高齢社会となった現代の日本。平均寿命は2019年時点で男性81・41歳、女性87・45歳と年々延びています。しかし、自立して生活できる年齢を表す健康寿命は男性72・68歳、女性75・38歳で、平均寿命とは差があります。つまり亡くなるまでの約9~12年もの間、介護や支援が必要な状態が続くと考えられるのです。

 近年の研究では、健康寿命を延ばすためには口の健康管理が欠かせないことが分かっています。しかし、歯周病やむし歯による歯の喪失、口の筋力の衰えが進むと、「噛めない」「のみ込めない」という状態になります。これを『口腔機能低下症』と言います。

 この状態を放置していると、食べ物などが誤って肺に入る誤嚥性肺炎を起こしやすくなったり、糖尿病や心疾患、認知症など全身の不調につながる可能性があります。また、口から栄養がとれずに足腰が弱ることから、意欲や活動量が減少し、要介護や寝たきりになる恐れがあるので注意が必要です。

 

口腔機能低下症は全身の虚弱につながる

【図1】 加齢とともに口の機能が少しずつ低下していきます(日本歯科医師会「歯科診療所における オーラルフレイル対応マニュアル2019年版」オーラルフレイル概念図より)

 年を取るごとに、口の中の状態(歯の数、噛む力、舌の動き等)も少しずつ衰えていきます。【図1】において四つの段階が示されていますが、これら一連の流れをオーラルフレイル(口の中の虚弱)と言います。最初は「滑舌が悪い」「むせる」「食べこぼす」「噛めないものが増えた」などのささいなトラブルですが、こうした衰えが進むと、第3レベルの『口腔機能低下症』の状態になって全身状態の虚弱にもつながってきます。左記の7項目のうち3項目が基準以下になると、口腔機能低下症と診断されます。

 さらに、第4レベルまで進んでしまうと心身の機能にも支障が出て、専門医師による治療・リハビリが必要になります。こうなる前にしっかり手を打って、進行を食い止めたいものです。

 

口腔機能の検査 健康保険適用も

 

 口腔機能低下症の検査は2018年から健康保険適用となりました。

 当クリニックでは専用器具や調査票を用いて、先述の7項目と握力、身長、体重をチェックし、現状を評価します。所要時間は約30分。むし歯や歯周病がある人は先に治療を済ませ、口の状態が安定してから検査します。

 口腔機能低下症は早い人では40代くらいから始まりますが、早期の場合は自分で気づくのは難しく、かかりつけ歯科医院での定期的な検査が大切です。

口腔機能低下症の指標となる7項目を検査。30分程度で終了する(写真は口の乾燥の検査)

 検査後は管理計画書を作った上で、口腔ケアやリハビリ運動、注意点などを説明。半年後をめどに再評価して、予防につなげます。

 自分では噛む力・のみ込む力は十分あると思っていても、測定してみると思っていた以上に落ちていた、ということがあります。衰えを感じ始めた人は、一度かかりつけ歯科医に相談し、改善を図りましょう。

 

豊かな人生を送るために

 今年は新型コロナウイルスの影響で外出の機会が減り、「人と会って話すことが減った」「外食やカラオケに行かなくなった」など口を動かす機会も減り、例年以上に口の健康管理には注意が必要です。

 日ごろの歯みがき習慣を徹底し、口の運動や、半年~3カ月に1回程度の歯科受診を心掛け、機能低下を防ぎましょう。いつまでも食事や会話を楽しみ、豊かな人生を送るためにも、口のケアを大切にして健康に暮らしたいものです。

 

森永歯科クリニック 理事長

 

 

森永 大作(もりなが・だいさく

 医学博士。日本口腔インプラント学会専門医。2000年福岡歯科大学卒業後、久留米大学医学部口腔外科へ入局。2005年久留米大学大学院修了。日本口腔外科学会会員、日本歯周病学会会員、日本臨床歯周病学会会員。日本老年歯科医学会会員。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加