漢方で免疫力アップ 感染症に負けない体づくり
「無理しない」「頑張りすぎない」―心を楽にして体も健やかに

 ストレス社会と言われる現代。不安や悩みを感じていたら放っておかないで、「漢方」を使って上手にケアし、笑顔と元気を取り戻しませんか。西洋医学と東洋医学を組み合わせた「統合医療」により、乳幼児から高齢者まで幅広い世代の治療にあたる「統合医療 やまのうち小児科・内科」の山内昌樹院長に話を聞きました。

体の不調やトラブル 出発点は心の不安

 仕事や子育て、家事に追われ、ストレスを感じていませんか? 特に今年は新型コロナウイルスの影響で心労がたまりやすく、精神科や心療内科の患者が増えているそうです。
 私が小児科医として、一番に考えるのは「子どもたちが元気になること」です。最近は小児科に来院される方からの不登校の相談が増えています。そこには、お母さんお父さんの心の問題も関係しているようです。
 子育て世代に出やすい育児不安やイライラ、怒り。こうしたストレスが高じると、冷えや頭痛、不眠、月経トラブルなどの体調不良を招き、なかには精神不安、抑うつへと深刻化していくケースもあります。
 こうした親のストレスを、子どもたちは敏感に感じ取ります。親を気遣って頑張るあまり、無理が生じて、不登校や摂食障害、問題行動に表れることがあります。子どもたちの不安を和らげ、元気を取り戻すには、まずは親自身がストレスを解消することが大切です。

西洋と東洋の利点を生かして

 当院では子どもだけでなく、親世代の診療にも力を入れ、ストレスを軽減するお手伝いをしています。患者の皆さまの症状や体質に合わせて、漢方薬を処方したり、自己肯定感を高めるカウンセリングをしたり。希望に応じて、生活習慣や食事のアドバイスも行います。
 熱や痛みなどを早く緩和したい時は「西洋医学」を利用します。病気ではないが健康でもない状態、慢性病の治療、ストレス緩和には、漢方薬を用いて心と体のバランスを整える「東洋医学」が有効です。西洋と東洋それぞれの利点を生かした「統合医療」により、一人ひとりに最善のケアを提案しています。

心に作用し回復を助ける漢方

 心のトラブルは多くの場合、体調の異変となって現れます。数日で治る風邪でも、不安やストレスがあれば、悪化したり長引いたりします。
 その点、漢方には気持ちを落ち着けたり、イライラや不安を和らげたりと、心に作用する薬があります。西洋医学で治療しつつ、漢方薬を組み合わせることで、回復を早めることが可能です。
 また、漢方の生薬には、免疫細胞のマクロファージやNK細胞を活性化する働きがあり、免疫力アップ、自律神経のバランスなどに効果があります。漢方で免疫力を高めることは、感染症に負けない体づくりの一助にもなります。
 子どもにも漢方薬は処方できますし、苦くて飲めなければ甘みのある薬があります。どうしても飲めない場合は、なるべく負担の少ない別の方法を提案するので、気軽に相談してください。

ストレスを減らす心の習慣 

 心の不安は、薬だけで解決するわけではありません。そのため、ストレスの軽減も重要なカギになります。
 人にはそれぞれ〝考え方の癖〟があり、そこから無理が生じて体調不良になることがあります。大切なのは、ストレスを減らすような考え方を心掛け、自己肯定感を高める心の習慣をもつこと。例えば、お子さんにはハグして「大好きだよ」といっぱい言ってあげましょう。不登校に悩んでいるのなら、苦手なことを無理強いせずに、趣味でもスポーツでもいいので長所を伸ばしてあげた方がいいのです。心が元気になることを優先した方がうまくいくことがあります。
 お母さんお父さんは「ちゃんとしなくては」「こうでなければ」という固定観念に縛られて頑張りすぎないで、「幸せだなぁ」と思えることに心を傾けましょう。親子がともに、健康と幸せを実感できる日々を送ってほしいと願います。

 

MEMO

インフルエンザ予防接種予約受付中 10月1日から接種開始

木の温もりあふれる癒やしの空間で、リラックスして受診を。キッズスペースやおむつ替え授乳室もある

 より安全な環境を保つため、予防接種と乳児健診は受付曜日・時間を設定し、予約制で行っています。さらにメイン玄関とは別に、感染症対応用の出入り口を設けるなど、院内感染の防止に努めています。
【予防接種】
  月木金 14:00~15:30(要予約)
【乳児健診】
  火 14:00~16:00(要予約)
※都合がつかない場合は通常の診察時でもOK

統合医療 やまのうち小児科・内科

 

 

院長 山内 昌樹

やまのうち まさき 1998年、佐賀医科大学(現佐賀大学医学部)卒業。奈良県立医科大学小児科学教室に入局し、大学病院、奈良県内の病院で小児科診療に携わる。大学院で血友病の遺伝子治療を研究。2007年からY.H.C矢山クリニックで小児科を担当。2010年、現医院を開業。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加