サガン鳥栖対FC東京戦の後半14分に追加点を決め、喜ぶ鳥栖DF森下龍矢(左)。右はMF原川力=鳥栖市の駅前不動産スタジアム(撮影・鶴澤弘樹)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第19節最終日の27日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで3位のFC東京と対戦し、3-0で快勝して4試合ぶりの白星を挙げた。通算成績は4勝5分け7敗(勝ち点17)で、順位は一つ上がって14位。

 首位の川崎は小林のゴールで湘南を1―0で下し、7連勝で勝ち点53とした。2位のC大阪は仙台に3―2で競り勝ち、連敗を2で止めて同42。仙台は6連敗となった。

 鹿島は大分に0―2で敗れ、連勝が7で止まった。横浜Mは柏に逆転勝ちして4連勝。G大阪は広島に勝った。

 鳥栖はリーグ戦第25節の30日午後7時から、神奈川県のニッパツ三ツ沢球技場で横浜Mと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加