佐賀県は27日、前日に新型コロナウイルスへの感染を確認した神埼市の40代女性について、福岡県内で会食した際に感染した可能性が高いという見解を示した。27日は県内での新たな感染者はゼロだった。

 県によると、女性は21日に福岡県内で知人ら複数人と会食した。東京都から参加した2人が感染したという連絡を26日に受け、佐賀県内の帰国者・接触者相談センターに相談し、医療機関でのウイルス検査で陽性と分かった。会食に県内から参加したのは女性だけ。県内の会社に勤務しており、濃厚接触者の同僚7人は全て陰性だった。

 県健康増進課の井田政和課長は、県外で感染した可能性が高い点を踏まえ「県内が非常に落ち着いた状況という認識に変わりはない。引き続き手洗いや3密を避けるなどの行動を取れば、特に恐れる必要はない」と話した。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加