夏の台風は動きが遅くて暴風雨が長引くのでやっかいだ。1972年7月の台風7号は九州の南西海上を行ったり来たり迷走した。気象庁の観測史上2番目の「長寿台風」である◆発生から消滅まで19日。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加