マスクとフェイスガードを着用して行われた失語症者の意思疎通を支援するための研修会=佐賀市のアバンセ

 佐賀県言語聴覚士会(緒方和則会長)は、交通事故や脳疾患の後遺症でコミュニケーションが取りにくい失語症者の意思疎通支援者を養成する研修を8月から始めている。受講生は、失語症の基礎的な知識を習得するほか、コミュニケーション支援技法の実習などに励んでいる。

 失語症者の意思疎通支援者養成研修は、昨年度から県の事業として始まり、今回で2年目。23歳から64歳までの主婦や福祉職員など14人が受講し、今回初めて男性2人も参加している。

 20日に開かれた研修では、失語症者本人も参加し、切り絵を作成しながらコミュニケーションを図るワークショップを受講生とともに体験した。新型コロナウイルス感染の影響で、受講生、失語症者、研修スタッフともマスクにフェイスガードを着用した。

 県言語聴覚士会の峰松麻美副会長は、「新型コロナ禍の影響で、昨年とは全く違う研修方法をとらざるを得なくなった。意思疎通支援の方法は基本的には対話であるため、こうした感染防止策を十分に備えた上で、一人でも多く理解者を育てていきたい」と意気込んでいた。(山内克也)

このエントリーをはてなブックマークに追加