2021年版唐津曳山カレンダーの表紙

1番曳山「赤獅子」が主役のB全判サイズのポスター

 唐津観光協会(山崎信二会長)が26日から、2020年版の唐津くんち曳山(ひきやま)ポスターと来年のカレンダーを販売する。ポスターの主役は1番曳山(やま)「赤獅子」が務める。

 ポスターはB全判(103センチ×72・8センチ)で600円(420枚発行)。迫力ある赤獅子と曳き子が躍動感あふれる姿を見せている。7番曳山「飛龍」などを掲載したB2判(72・8センチ×51・5センチ)もあり、こちらは300円(120枚発行)。

 カレンダーは35センチ×26センチの15枚つづりで1部1400円(1900部発行)。表紙に14台の曳山を配し、雲文や青海波をちりばめ、「唐津曳山暦」と銘打つなど和のイメージを演出した。

 カレンダー、B全判ポスターは唐津駅総合案内所、アルピノ、曳山展示場で販売、B2判ポスターは唐津駅総合案内所のみで扱う。同協会ホームページから通信販売でも購入できる。

 同協会によるとポスター販売を求める市民の声もあったが、コロナ禍の影響もあり、この時期になったという。今年は曳山巡行が中止となったが、「ポスターやカレンダーで雰囲気を楽しんでもらえれば」と話す。(成富禎倫)

このエントリーをはてなブックマークに追加