テーブルマナーを学びコース料理を味わう三田川中の3年生=佐賀市のグランデはがくれ

 三田川中(吉野ヶ里町)の3年生88人が19日、佐賀市天神のホテルグランデはがくれでテーブルマナーの講習を受けた。コロナ禍で行き先を変更して実施した修学旅行の一環で、生徒たちは食事のマナーを学びながらコース料理に舌鼓を打った。

 テーブルマナー認定講師の資格を持つ秀島千鶴予約課統括マネージャーが講師を務めた。秀島さんは、椅子の座り方や食器の扱い方など一連の動作を指導。「マナーを学び、周りの人への尊敬の念を示して」と呼び掛けた。生徒たちは、優雅に食事を運ぶスタッフたちに目を奪われながら、全7品の料理を味わった。

 三田川中では新型コロナウイルス感染防止のため、修学旅行の行き先を同市富士町の北山少年自然の家に変更した。実行委員12人が内容を企画し、18日から1泊2日で野外炊飯や花火大会などを楽しんだ。

 B組の大田拓真さんは「京都や奈良へは行けなかったけど、みんなと協力して良い思い出ができた」として「テーブルマナーを学ぶ機会は人生でそう多くないので、しっかり聞いて将来に生かしたい」と話していた。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加