グアバ

 トロピカルフルーツでおなじみのグアバ。熱帯アメリカ原産で、日本には17世紀ごろ、沖縄へ伝えられて野生化し、現在国内産の多くが沖縄県産です。果実は石榴(ざくろ)に似ていることから中国では「番石榴(ばんせきりゅう)」と呼ばれ、和名は読み方が変わり「バンジロウ」と言います。

 薬用部分は主に果実と葉が用いられます。果実はビタミンCが豊富で美肌や老化防止など美容全般に効果があると言われ、そのまま食べたりジャムやジュースにしたりし、葉は塗り薬として打撲などに用いるほかポリフェノールを含み血糖上昇を抑制する作用があることからグアバ茶としても飲まれます。

 グアバは色や形・味など多種多様で160種類以上もあります。あなたのお気に入りの1種を見つけてみてはいかがでしょう。(中冨記念くすり博物館)

このエントリーをはてなブックマークに追加