三養基郡基山町は25日、町役場の平日の開庁時間延長と土曜開庁の試行運用を実施すると発表した。期間は10月から来年3月までの半年間で、住民ニーズなどを調査しながら来年度からの本格運用につなげる。

 町のウェブサイトや町長懇談会などで、開庁時間を延長してほしいとの意見が上がっていた。平日は、毎月第2、4火曜の開庁時間を午後7時まで延長。毎月第2土曜の午前8時半~正午を開庁する。平日は、ほぼ全ての行政サービスを受けることができ、土曜は住民票など証明書の発行、印鑑登録、マイナンバーカードの交付などをする。

 松田一也町長は「町民のニーズに合う形で、開かれた役場を目指したい」と話した。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加