読み聞かせ&朗読フェスで、県代表としてサルカニ合戦の話などを朗読する原田眞理子さん=佐賀市立図書館多目的ホール

 読み聞かせ&朗読フェスin九州(佐賀新聞社後援)が22日、佐賀市立図書館であった。俳優や声優、ラジオパーソナリティーなど多彩な語り手が登壇し、朗読の魅力を伝えた。

 佐賀県内からは、朗読会を開いている原田眞理子さんが、白石地方に伝わる男女の悲恋の物語などを披露。この後、歴史的な背景について、民話の研究者が説明した。俳優の深見亮介さん、RKBラジオパーソナリティー中嶋順子さんらプロも多く登場した。民話の伝承などをテーマに、出演者による公開討論会も開かれた。

 催しは、さが昔話の会(宮地武志代表)が、読み聞かせの大切さを多くの人に知ってもらおうと、子どもの健全育成を支援する「子どもゆめ基金」の助成を受けて開いた。会場では、家族連れや朗読活動に取り組む年配者らが熱心に聞き入った。(宮里光)

このエントリーをはてなブックマークに追加