長男を揺さぶったとして傷害罪に問われた母親に無罪を言い渡した岐阜地裁は判決理由で、長男の急性硬膜下血腫の症状を「ソファからの落下で生じたことは否定できない」と指摘した。

このエントリーをはてなブックマークに追加