旧立民のロゴをそのまま使った新「立憲民主党」県連事務所の看板=24日、佐賀市鍋島

 立憲民主党佐賀県連は24日、佐賀市鍋島の事務所に新党の看板を設置した。旧国民民主党県連事務所をそのまま使用する。

 党は新たなロゴができるまでの間、旧立民のものの使用を許可しており、看板は旧立民のロゴで作った。1998年に民主党県連が発足して以来、党名変更はあったが新党設立は初めてになる。

 木塚貴士事務所長は衆院解散・総選挙を見据え「まずは立民県連をいかに早く浸透させるか。大きな受け皿として政権を担える政党になることを広め、党勢を拡大しなければならない」と述べた。(志垣直哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加