オリックスの竹安大知投手

 プロ野球オリックスは24日、2軍で調整中の竹安大知投手(25)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。23日に感染が判明した左沢優投手(25)に続き、2人目。

 22日に受けた2軍の監督、コーチ、選手らを対象とした定期検査の結果で判明した。無症状で体調に異常はなく、自宅待機している。竹安を除く74人は陰性だった。

 ウエスタン・リーグの広島戦(由宇)が25日から予定されているが、移動を見合わせた。竹安と左沢の濃厚接触者が保健所により特定されるまで、2軍は全員の自宅待機を継続する。

このエントリーをはてなブックマークに追加