杵藤版・探鳥日記・カワウ

 カワウは主に川で魚を捕って暮らしています。潜水して魚を捕るのがとても上手で、捕まえた魚を逃がさないようにクチバシの先は鍵形に曲がってます。

 潜りやすいように羽には油が少なく水をはじきません。そのためすぐ体がぬれてしまうので、羽をよく乾かしている姿を見掛けます。しばらく天気が悪い日が続いたので、カワウにとっても久しぶりの日光浴のようです。

 昔はこの辺で見掛けることは珍しかったのですが、最近は近くで繁殖もしていて一年中見る機会が多くなった鳥です。黒一色に見える体の色も光の加減によっては濃い緑に見え、とてもきれいですよ。(日本野鳥の会佐賀県支部)

このエントリーをはてなブックマークに追加