鳥栖-神戸 後半、神戸MFイニエスタ(手前)をマークする鳥栖DF高橋秀人=神戸市のノエビアスタジアム神戸

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第18節の23日、ノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と対戦し、3-4で敗れて今季初の3連敗を喫した。通算成績は3勝5分け7敗(勝ち点14)で、順位は15位のまま。

 首位川崎は横浜FCを3―2で下し、6連勝で勝ち点を50に伸ばした。横浜FCの元日本代表FW三浦が先発し、53歳6カ月28日のJ1最年長出場記録を樹立した。

 3位のFC東京は2位C大阪との上位対決を2―0で制し、勝ち点38とした。C大阪は今季初の連敗で同39のまま。

 鹿島は湘南を下して7連勝。G大阪は名古屋に逆転勝ちした。横浜Mは仙台、浦和は清水、柏は札幌、広島は大分にそれぞれ勝った。

 第19節は26、27の両日にあり、鳥栖は27日午後4時から鳥栖市の駅前不動産スタジアムでFC東京と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加