台風12号の予想進路(24日9時現在)

 台風12号は24日、房総半島の南東沖に達した。25日にかけて北日本の太平洋側を中心に大雨になる所がありそうだ。気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

 今後は進路を北寄りに変えて関東の東の海上に進み、25日午前までには温帯低気圧に変わり、発達しながら三陸沖に向かう見通し。東日本や北日本の広い範囲で強い風への警戒が必要になる。

 25日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で東北100ミリ、関東80ミリ。その後の24時間では東北100~200ミリ、北海道50~100ミリの雨が予想される。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加