三井住友信託銀行が、企業の株主総会での議決権行使を巡り、事務処理を受託した約千社で集計に誤りの恐れがあることが23日分かった。不適切な処理は過去20年間程度続いていた可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加