サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第18節の23日、ノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と対戦し、1-2とリードされて前半を終えた。

 鳥栖は前半9分、神戸のMF山口のゴールで先制を許した。17分に右サイドのMF森下からのクロスをFW金森が決めて同点に追い付いたが、20分に神戸の元スペイン代表・MFイニエスタのシュートで再び突き放された。

このエントリーをはてなブックマークに追加