ローマ法王に贈る「うれしの茶」の出発式が9日、嬉野市の上不動製茶工場であった。キリシタン史跡の多い嬉野の歴史が縁となって昨年から始まった一番茶の贈呈で、関係者ら約30人が見送った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加