「ゾンビランドサガ」とコラボした今回のスタンプラリーの描き下ろしイラスト

スタンプのイメージ

 佐賀県観光連盟は、県内を舞台とした人気アニメ「ゾンビランドサガ」とコラボしたスタンプラリーキャンペーンを10月30日から1月31日まで開催すると発表した。同アニメとのコラボは昨年に続き2回目。新型コロナウイルス対策で実物のスタンプは設置せず、スマートフォンなどを使ってスタンプを獲得するデジタル方式を採用する。

 スタンプラリーは毎年開催しており、ゾンビランドサガとは昨年7~9月に初めてコラボした。昨年、賞品の応募は前年の約2・5倍に当たる約1万6千件が寄せられた。九州内に加え関東圏などからもファンが訪れ、SNSの情報発信で周知が広がったとみている。

 今年は、専用のQRコードなどからサイトにアクセスし、自身の情報を入力すると参加できる。県内の観光施設や宿泊施設など約200カ所にQRコードを設け、カメラ機能で読み込むとスタンプを獲得できる。2、5、10、25、50個と集めるごとに応募でき、抽選でオリジナルグッズやペア宿泊券、県産品などが当たる。

 県観光連盟は「『ウィズコロナ』における新しいスタイルで、人の密度を避ける分散型の取り組みになっている。昨年と異なる秋冬の趣を感じながら、観光名所や温泉地の宿泊を楽しんでほしい」と参加を呼び掛ける。賞品などの詳細は今後明らかにする。

 「ゾンビランドサガ」は2018年10月から12月に放送され、ゾンビになった7人の少女らが佐賀を救うアイドルを目指す物語。アニメ総選挙2018年間大賞などの賞を受け、国内外のファンがイベントや「聖地巡礼」に県内を訪れている。続編「ゾンビランドサガ リベンジ」の制作が決定している。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加