【ジュネーブ共同】新型コロナウイルスで延期となった東京五輪を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日に公開した書簡で「制限下でも大会を安全に組織できることが分かってきた」と開催への自信と意欲を表明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加