政党や企業・団体の支援を受けず“手作り選挙”を展開した飯盛良隆さん(44)は、食育改革や原発、オスプレイ問題への明確な対応を訴えたが、存在感を示すことができなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加