21日に衆院が解散し、衆院選は12月2日公示、14日投開票の短期決戦となる。めまぐるしい展開に、県選管は選挙担当経験者を他部署から臨時に呼び戻し、職員を通常の倍以上に強化し対応している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加