衆院解散を受け、秀島敏行佐賀市長は21日の会見で、「消費税の増税見送りは解散しなくても総理や内閣が判断すればよかったのでは。争点もはっきりとしないのに、多くの費用がかかり疑問を感じる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加