陸上の全日本実業団対抗選手権最終日は20日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、女子5000メートル(タイムレース)は新谷仁美(積水化学)が日本歴代2位の14分55秒83で2位に入った。19歳の広中璃梨佳(日本郵政グループ)も14分59秒37の好記録で3位。

 男子の走り高跳びは真野友博(九電工)が大会新記録の2メートル31、200メートルは飯塚翔太(ミズノ)が20秒47で優勝。110メートル障害は高山峻野(ゼンリン)が13秒51で制し、予選で大会新の13秒38をマークした金井大旺(ミズノ)は決勝を棄権した。

 男子400メートル障害は安部孝駿(ヤマダ電機)が49秒38、女子100メートル障害は青木益未(七十七銀行)が13秒13で優勝、東邦銀行の紫村仁美(鳥栖市出身)は、13秒32の3位だった。同800メートルは卜部蘭(積水化学)が2分5秒26で勝った。

このエントリーをはてなブックマークに追加