県内のかんきつ類生産者らでつくる「かんきつ特別対策事業委員会」(高田弘生委員長)は15日、小城市内の16保育園・幼稚園・託児所に、県産ハウスミカン(5キロ入り)33ケースを贈った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加