ホンコンやタイなどの外国人大学生約30人が13日、佐賀市三瀬村で地元住民と交流しながら農作業を体験した。 「持続可能な社会の実現」をテーマにした佐賀大学のサマープログラムでの活動。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加