JAXAの予算推移

 文部科学省が来年度予算の概算要求で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の年間予算として過去最大の約2800億円を盛り込むことが19日分かった。米国が主導する月探査計画への参加費用が柱で、昨年度当初予算の半額以上となる809億円を投じる。米国は参加国の貢献の度合いに応じて月での活躍機会を提供する考えで、日本政府は協力姿勢をアピールすることで、月面着陸の枠の確保を狙う。

 JAXAによると、2003年の設立以降、当初予算と補正予算の合算でも2千億円を超えたことは一度もない。過去10年間予算は1800億~1900億円程度で、これらを大幅に超える予算を組んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加