剣道男子個人に挑んだ敬徳の牧山岳史は、1回戦で延長までもつれる接戦を演じた。動きが止まった一瞬の隙にツキを決められ、初戦敗退の悔しさをかみしめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加