菅政権の特徴や今後の展望などを解説した龍崎孝氏=武雄市の武雄温泉森のリゾートホテル

 佐賀新聞社が主催する佐賀西部政経セミナーが18日、武雄市の武雄温泉森のリゾートホテルで開かれた。流通経済大教授で元TBS解説委員の龍崎孝氏が菅新政権の特徴や今後の展望について講演し「国民目線の政策を進めながら、安倍前政権からの脱却を図る」との見方を示した。

 龍崎氏は、菅義偉首相が横浜市議を務めた経験などを挙げ「市民目線で物事を考えるので有権者の気持ちとはよく合う。国家観を示すより、目の前の問題を解決する政治家」と説明した。安倍前政権で官房長官だった時に起きた森友・加計(かけ)学園、桜を見る会の問題を振り返り「前首相とはプライベートでは一切関わろうとしなかった。問題は自分には関係ないと思っているだろう」と指摘した。

 携帯電話料金の引き下げなど、新政権の方針を示しつつ「安倍前政権の継承ではなく、分かりやすい政策を前面に打ち出して国民を味方に引き付け、政治基盤を強くしようとしている」と強調した。衆院解散の時期に関しては「政策を進めて選挙を戦う環境を整えてからになると思う。慎重なタイプと言われているが、手段を選ばない人で、いつでも打ってくるだろう」との見通しを述べた。(山本礼史)

このエントリーをはてなブックマークに追加