衆院解散から一夜明けた22日、佐賀県内の立候補予定者は、定数削減による新たな区割りで大幅に拡大した新1、2区の選挙区を奔走した。「アベノミクス効果を地方に」、「国民無視の大義なき解散」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加