物であふれたダイニング

整理収納サービスを受けた後は物があふれていたテーブルの上もすっきりし、動線も確保されます。

整理整頓に欠かせないのがラベリング。「スマートフォンと連動して、手軽にさまざまなデザインを印刷できるものがオススメです」と田島興産の蒲原ひかりさん。

 テレワークや外出頻度を減らす「ウィズコロナ」の暮らしが定着する中、自宅で過ごす時間が増え、家の中の整理整頓が気になっている人も多いことでしょう。自力でやれればベストですが、「何から手を付けていいか分からない」という声も聞きます。こんな時、役立つのがプロによる片付け支援サービスです。田島興産(佐賀市)で整理・収納サービスを担当する蒲原ひかりさんに片付けのコツを聞きました。(大橋諒)

 「片付けには『分ける』『手放す』『納める』の三つのステップがあります」と蒲原さん。

 まずは必要な物と不要な物を区別します。さらに使う頻度によって分別し、不要な物は思い切って処分します。収納するときは、最もよく使う物だけをすぐに取り出しやすい場所に。使う場面が少ない物は扉付きの棚などに収めます。

 ホームセンターや100円ショップなどの収納グッズを利用するのもオススメで、寸法を測った上で購入に付き添うサービスもあるそうです。

 整理するメリットとして蒲原さんは(1)時間短縮(2)適切な支出(3)ストレス解消―の三つを挙げます。「動線を考えて物を整理することで家事の時間を短くでき、何がどれだけあるか分かるので無駄な買い物も防げます。物を探す時間やストレスもなくすことができます」

 サービスの利用者からは「以前までは物の場所が決まっておらず、買ってきた物はそのまま、出したら出しっぱなしになって、どこに何があるか分からなかった。整理整頓ができる仕組みができて、暮らしが豊かになりました」といった感想が寄せられているそうです。

 ▼田島興産の整理・収納サービスは3時間当たり1万2千円。問い合わせは同社、電話(0120)530881。

このエントリーをはてなブックマークに追加