松を燃料に、1300度の高温で有田焼を焼成する昔ながらの薪窯焚(まきがまた)きが22日、有田町の今右衛門窯、柿右衛門窯などで一般公開された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加