2017年の衆院選で、自民党の谷川弥一衆院議員陣営が運動員に違法な報酬を支払ったとされる事件で、公選法違反罪に問われた会社員小柳伊佐義被告(45)に長崎地裁は17日、懲役1年2月、執行猶予5年の判決を言い渡した。

このエントリーをはてなブックマークに追加