九州新幹線長崎ルートなどを巡って質疑を交わした佐賀県議会一般質問=県議会棟

 佐賀県の山口祥義知事は県議会一般質問最終日の16日、九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式を巡り、県の考え方や立場を県民向けに広報することを検討する考えを明らかにした。県の広報媒体を使って情報を発信する可能性を示唆した。

 木原奉文議員(自民)が「整備方式を判断するための県民への情報提供が十分ではないのでは」とただした。山口知事は「県民に知ってもらうことは、私も同感。長崎県はフル規格を推進するということで広報してきたが、佐賀県は受け身の立場で、プロパガンダ的に県民に議論を呼び掛けるやり方はしてこなかった」と説明し「県がどう向き合っているか、県の広報ツールなどで県民への情報提供を検討したい」と述べた。

 新幹線整備の有無が県の将来に与える影響については「新幹線自体の効用は否定しておらず、フル規格の良さは分かっている。ただ、移動手段なので、それだけで本質的な価値を生み出すものではなく、まちが何とかなるわけではない」と答えた。

 与党検討委員会の山本幸三委員長やJR九州の青柳俊彦社長の面会を断ってきたとされていることに関して「逃げているようにしか映らない」と問われると、山口知事は「そうではない。JRであっても長崎県であっても、新しい提案があればいつでも会いたい」と強調した。

 一般質問には西久保弘克(自民)、古賀和浩(つなぐ)、池田正恭(自民)、定松一生(自民)の4議員も登壇した。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加