オスプレイの佐賀空港配備計画に関し、佐賀市議会一般質問で答弁した秀島敏行佐賀市長=市議会議場

 自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画で、佐賀市の秀島敏行市長は16日、佐賀県有明海漁協が防衛省による地権者説明を優先させる決定をしたことに関し「(協議の)一つの持っていき方」と理解を示しつつ「防衛省が土地の値段などを話すと順序が逆になる」と、自衛隊との空港共用を否定した公害防止協定の取り扱いの協議を優先すべきという考えを強調した。

 定例市議会の一般質問終了後、記者団に述べた。秀島市長は漁協の対応に「自分たちの判断基準の一つにしたいということだろう」と受け止めながら、防衛省が説明会で駐屯地予定地の地権者に土地価格を提示した場合は「われわれも問題視し、指摘せざるを得なくなる」とくぎを刺した。

 一般質問では山下明子市議の質問に答え、空港近くの自治会代表らが国や県に説明会を要望したことに絡み「地域住民のまとめ役として理解できる」とした上で「約束事(協定)を整理しないうちに説明会を開いても条件闘争のようになってしまう」と懸念も示した。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加