【パリ共同】ロシアの組織的ドーピング隠蔽に関与した疑惑で、収賄や背任などの罪に問われたセネガル人の前世界陸連会長ラミン・ディアク被告に対し、パリの裁判所は16日、禁錮4年(うち2年実刑)などの判決を言い渡した。

このエントリーをはてなブックマークに追加