新聞広告やポスターなど100点が並ぶ「佐賀広告賞」の作品展=佐賀市白山のエスプラッツ

 第41回佐賀広告賞(佐賀広告協会主催)の作品展が、佐賀市白山のエスプラッツ2階で開かれている。新聞広告やポスターなどの作品100点が並び、来場者の目を引いている。

 佐賀広告賞は新聞、テレビ、ラジオ、プリンティングメディア、映像・音声メディアの5部門。今回は213点が応募し、15点が入賞した。

 会場には、新聞とプリンティングメディアの部の作品を展示。新聞の部の金賞に輝いたありがトーレス!プロジェクトの「ありがトーレス!」は、サガン鳥栖のフェルナンド・トーレス選手の引退試合に向けて、広告でサポーター1506人が感謝の思いを伝えている。

 会場を訪れた佐賀市の女性(75)は「トーレス選手の広告や、ちくわで令和2年を表現した馬郡蒲鉾の広告など、目を引く作品があって面白い」と話した。

 作品展は25日まで。時間は午前10時から午後6時。入場無料。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加