事務局のスタッフから花火を受け取る来庁者=唐津市役所

 21日に開かれる第68回九州花火大会を前に、唐津市と佐賀新聞社でつくる大会実行委員会は15日、唐津市役所やJR唐津駅などでミニ花火セットを配った。新型コロナウイルス感染防止のため、「当日は自宅から花火を楽しんで」と呼び掛けた。

 「おうちで花火」セットは2万個準備し、唐津市と玄海町の佐賀新聞の読者に配布し、この日は3千個を市役所などで配った。ご当地キャラクターの唐ワンくんも配布を手伝った。同市神田の釜坂佑樹さん(27)は「手持ち花火は子どもが喜ぶ。大会は毎年見ているが、今年は家や中継で楽しみたい」と話した。

 打ち上げは午後6時45分から10分間で、密集を避けるため、打ち上げ場所は非公開。ユーチューブの「佐賀新聞公式チャンネル」でライブ配信、FM放送でも生中継をする。荒天の場合は22日に順延する。問い合わせは大会実行委事務局、電話0952(28)2151。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加