認知症の前段階とされる軽度認知障害の人に米ぬか成分のフェルラ酸とセリ科の植物ガーデンアンゼリカを主成分とするサプリメント(商品名フェルガード)を投与したところ、認知機能が改善したとする研究結果を、森山脳神経センター病院(東京)の堀智勝院長らのチームが15日までに国際オンライン専門誌に発表した。

 研究への参加者を無作為に2群に分け、主治医や参加者に分からない形でサプリか偽物のいずれかを飲んでもらい、両群を比較する厳密な臨床試験で有意な差が出た。認知症予防効果が期待されるという。

 5医療機関で軽度認知障害と診断された67~85歳の計40人のデータを分析した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加