昨年7月の参院選の開票作業で、香川県高松市選挙管理委員会の職員が、票数を操作したとして公選法違反の罪で起訴された。保管中の箱の封印を破って開け、票を移し替えていたことも判明している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加